第78回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット

第78回理事会議事録

1.日   時:平成25年7月29日(月)13:00-16:00
2.場   所:神戸市中央区京町76番地-2 兵庫県経営者協会2階会議室
3.出席者 :理事総数15名中14名
   野田浩志、伊藤憲冶、後藤邦彦、山下純明、久留島正、西村義規、佐藤昌次郎、
   吉井聖三、長田國弘、三浦尚武、金廣國雄、梶原信也、角谷一明、服部晃の各氏
  監事:浅田正博氏

4.審議事項 (議決事項)  第1号議案:議事録署名人に関する事項

(報告事項・意見交換他)
◇関係団体との協力状況について
◇各部報告 ◇その他

5.議事の経過の概要及び議決の結果
(1)理事会を代表して野田浩志氏が本日の開催を宣した。
(2)定款35条により、野田浩志氏が議長として審議に入った。

(議決事項)
 第1号議案:議事録署名人に関する事項
  議長から、議事録署名人として本日出席者の長田國弘氏と梶原信也氏を指名したところ全員
 異議なく承認された。

(報告事項・意見交換)
(1)  関係団体との協力状況について
 ◇野田理事長から以下の報告があった。
  ア.KIAC
   ・文科省が推進している大学のアップデートとして 近畿圏では羽衣国際学院大や神戸学院
    大などを対象にして 留学生のインターンシップや帰国後の就職先等に関する支援のため
     KIAC内にチームを編成して取り組もうとしている。
   ・例年行われているオープンイノベーションを近畿経産局より受託し、この数日中に コー
     ディネーターに対して説明会が行われる予定。
  イ.兵庫活性化センター
             ITと機械の組み合わせ技術が将来有望として 10月例会にて議題に上がることになった。
  ウ.兵庫工業会
   県から委託されている兵庫ものづくり人材マッチング事業について工業会と打合せを行い
   かなり具体的になってきた。 業務委託契約になる予定で 今後は第2プロジェクト部が
   受皿とする。
  エ.姫路商工会議所
   7月20日に商工会議所との間で人材マッチングプロジェクトについて打合せを行った。
   謝金を含め覚書案が兵庫科学技術協会から出された。兵庫科学技術協会から出されるニーズ
   調査に対して 当法人はアドバイザーを推薦し、協会側でアドバイザーを決定するプロセス
   になる。 最初の3回までの打合せ等の活動は 協会と当法人間の業務委託契約、その後は
   企業側とアドバイザーの間で民民契約を結ぶことになる。
   本案件の受皿は第2プロジェクト部とする。

(2)事務局報告
 ◇服部事務局長・山下理事・金廣理事から以下の報告または提案があった。
 ア.平成25年7月21日現在の個人会員:95名、アドバイザー:81名、賛助会員:36社・団体。
     退会予定の栗林会員には 退会手続き中の旨の手紙を出しておくことになった。
 イ.個人会員及び団体会員の申込状況、入金状況について報告がなされた。個人会員の入金は
  ほぼ終了した。
 ウ.平成25年7月26日現在の「損益実績」及び協力金について報告があった。また預貯金の移動
 (三井住友銀行→ゆうちょ銀行)について報告があり、了承された。
 エ.認定NPO取得に向けての課題と対応策について 事務局案が説明された。アドバイザー
  規程の見直しについては 事務局案通りで事前了承がされた。次回理事会に審議事項として
  審議される。アドバイザーの位置づけ・登録料や正会員・賛助会員との差については今後分科
  会的なところで検討し、規程類の改訂、必要なら臨時総会を行い、H26年4月見直し案の実行
  の日程で進めることになった。
 オ.パブリックサポートテスト(PST)については相対値基準(寄付金の割合が20%以上)の
  クリアを目標にして、団体企業や個人からの寄付金・賛助会費を昨年度より25万円増加を目標
  に活動を開始することになった。今年の11月、12月
 カ.Nプロジェクトの問題点(協力金を含む)について、経緯、対応策を説明した。今後のプロ
  ジェクトに対しては原則としてOBネットは関わらないこととするが、最終的な契約上の変更
  などを考慮し、若干検討の余地を残す文言とすることとした。
  また協力金に代わる方法も事務局案通りとする。
 キ。ホームページ、パンフレットの会員種別、アドバイザー、認定NPOに関する変更部分につい
  ては本日提示された案をベースに至急検討を行い、早く修正を行い、発行することになった。

(3)人財・研修部報告
 ◇特になし。

(4) 渉外・受託企画部
 ◇久留島渉外・受託企画部長から以下の報告があった。
 ア.「国際フロンティア産業メッセ」について 現状と今後の進め方について報告があった。
  また ブースについて必要な機材借用費用の報告があり、了承された。

(5) 広報部
  ◇梶原理事から以下の報告があった。
  ア.9月に予定しているフォーラムのちらし最終案が提示され、了承された。

(6) サポート事業部報告
 ◇佐藤情報部長から以下の報告があった。
 ア.7月までのニーズ調査受付案件総数は 13件で月別目標より少ない。会員の積極的な
  ニーズ調査の掘り起こしを期待する。昨年度以前で応募者なしやマッチング不成立案件の
  再取り組みなども今後検討する。また 産業メッセでのニーズ調査も検討対象とする。
 ◇吉井第2プロジェクト部長から以下の説明があった。
 ア.神戸市産業振興財団の「中小企業販路拡大支援事業(大手企業社内での展示商談会)技術
  提案書作成支援業務」について 協力金算定の紹介があった。

(7) その他
 ア.梶原理事より シスメックス社でのミニ展示会開催(8月22日)の報告があった。
  シスメックス側の意向もあり企業から参加費は取らないことになった。 OBネットからの
  対応者には交通費は出すこととする。また本プロジェクトの受皿は 第1プロジェクト部と
  する。
 イ.角谷理事から メール添付資料に対する暗号化(第3者によるデータの改ざん、覗かれ防止
  のため)ソフトの紹介があった。今後1-2ヶ月試行して、採否を検討する。

議長は以上をもって特定非営利活動法人産業人OBネット第78回理事会の全ての議事を終了した
旨を述べ、閉会を宣した。

以上の議事の要領及び結果を明確にするため、議長及び議事録署名人は次に記名・捺印する。

 平成25年7月29日

  特定非営利活動法人産業人OBネット

  第78回理事会

                            議         長:野田浩志   印

                            議事録署名人:長田國弘 印

                            議事録署名人:梶原信也 印