第77回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット

第77回理事会議事録

1.日   時:平成25年6月28日(金)13:30-17:15 

2.場   所:神戸市中央区京町76番地-2 兵庫県経営者協会2階会議室

3.出席者 :理事総数15名中13名
野田浩志、伊藤憲治、後藤邦彦、詠田英夫、久留島正、西村義規、佐藤昌次郎、吉井聖三、
長田國弘、三浦尚武、金廣國雄、角谷一明、服部晃の各氏
監事:浅田正博氏

4.審議事項

(議決事項)
第1号議案:「役員担当業務規程」の改訂に関する事項
第2号議案:議事録署名人に関する事項

(報告事項・意見交換他)
◇関係団体との協力状況について
◇各部報告
◇その他 

5.議事の経過の概要及び議決の結果
(1)理事会を代表して野田浩志氏が本日の開催を宣した。
(2)定款35条により、野田浩志氏が議長として審議に入った。

(議決事項)
第1号議案:「役員担当業務規程」の改訂に関する事項
  服部事務局長から役員担当業務規程の改訂について説明があり、全員異議なく承認可決された。
第2号議案:議事録署名人に関する事項
  議長から、議事録署名人として本日出席者の久留島正氏と西村義規氏を指名したところ、全員
  異議なく承認された。

 (報告事項・意見交換)
(1)  関係団体との協力状況について
 ◇野田理事長から以下の報告があった。
  ア.KIAC
    総会が6月13日に行われ、合わせて太平洋人材交流センター(PREX)とKIACとの間で
   アジア諸国などへの中小企業のグローバル化支援などに関して友好協定が締結された。

  イ.兵庫工業会
    県から委託されている兵庫ものづくり人材マッチング事業は 未だ進め方、方針が出され
    ていないが 5月31日の総会では具体的に詰めていく旨の表明があった。。

  ウ.姫路商工会議所
    商工会議所との間で人材マッチングプロジェクトについて当法人が支援する内容、金額に
    ついて打合せを進めている。

(2)事務局報告
 ◇服部事務局長・山下理事から以下の報告または提案があった。
  ア.平成25年6月27日現在の個人会員:103名、アドバイザー:91名、賛助会員:37社・団体。
  イ.平成25年6月26日現在の「比較残高試算表(6月暫定比較)」及び協力金について説明が
    あった。
  ウ.「認定NPO審査」の結果、仮認定NPO法人として認められることになった。
    7月2日に市役所での通知書が渡される予定。理事長以下出席する予定。今後は約3年
    後の本認定に向けて PSTを取得するための対策を至急検討する必要がある。
  エ.「会員種別の選定と会費の納入」について個人会員については概ね継続回答を頂いた。
    返事の無い方については フォローする人を決め、至急最終確認をすることになった。
    団体会員については今後の説明の仕方、スケジュール、特定会員と賛助会員の違いなど
    を説明し、若干の質疑応答後 説明資料をセットした。また団体会員のフォロー担当者
    を確認及びアサインし、役員以外の担当者を含む説明会を近日中に行うことにした。
    その後 各団体会員に配布することになった。
  オ.理事会開催日の年間計画について説明した。また 経営者協会会議室使用に関する覚書
    について説明し、特に異議なく了承された。次回は 7月29日。
  カ.事務所利用方法及び注意事項を説明した。 企業から個人宛への郵便物は開封せず連絡
    のみとする。 その他は原則として開封し、内容確認して連絡、掲示など必要な措置を
    とることとする。

(3)  人財・研修部報告
 ◇特になし。

(4) 渉外・受託企画部
 ◇久留島渉外・受託企画部長から以下の報告があった。
  ア.「国際フロンティア産業メッセ」について NIROとの委託契約書、委託業務仕様書
    及びOBネットとアドバイザーの業務委託契約書について審議し、了承された。
    またブース出展の内容等について報告があり、詳細は事務局、広報部、サポート事業部
    で別途打合せを行い、進めていくことになった。
  イ.渉外・受託企画部の部員担当分担について報告があった。

(5) 広報部
  ◇詠田広報部長から以下の報告があった。
   ア.9月に予定しているフォーラムの講演は、講師は(一社)丹羽免疫療法振興会理事長 
    白井常雄氏、講演タイトル(案)は「実践的医療との出会い、普及事業、そして社会
    活動へ」に決定した。講演日は9月18日(水)15:00~ 場所は海友館を候補と
    する。
  イ.メーリングリスト(理事会メンバー用)についてはセキューリティに関する次回理事会
   での報告までは当面停止しておく。
  ウ.ホームページについては今後の業務拡大などを見据えて サーバー方式、容量等の変更
   の検討を行い、まとめ結果を理事会で報告する。

(6) サポート事業部報告
 ◇佐藤情報部長から以下の報告があった。
  ア.情報交換会のセミナー講師について 謝礼を支払う提案説明がなされ、了承された。
    なお 経営革新会の講師への謝礼との統一を図ることとし、山下理事と相談して詳細を
    決めていくことになった。
  イ.情報交換会でプレゼンした企業の販路開拓要請内容をホームページに約1年間掲載する
    提案がなされ了承された。
  ウ.6月までのニーズ調査受付案件総数は 18件で月別目標より少ない。会員の積極的な
    ニーズ調査の掘り起こしを期待する。
  ◇吉井第2プロジェクト部長から以下の説明があった。
  ア.神戸市産業振興財団の「中小企業販路拡大支援事業(大手企業社内での展示商談会)
    技術提案書作成支援業務に関する神戸市産業振興財団との委託契約書、委託契約仕様書
    及びOBネットとアドバイザーの業務委託契約書について審議し、了承された。

(7) その他
  ア.「監事による監査」について 浅田監事からNPO法での規程内容及びNPOハンド
    ブックに示される監査のポイントについて説明があり、従来どおり理事会出席により、
    業務執行状況の監査を行うことの報告があった。また浅田監事より 事務局に対して
    決済基準の作成を検討するよう要請があった。 

議長は以上をもって特定非営利活動法人産業人OBネット第77回理事会の全ての議事を終了した旨を述べ、閉会を宣した。

 以上の議事の要領及び結果を明確にするため、議長及び議事録署名人は次に記名・捺印する。 

平成25年6月28日
  特定非営利活動法人産業人OBネット
  第77回理事会 

                              議        長:野田浩志  印 

                              議事録署名人:久留島正 印 

                              議事録署名人:西村義規 印