第65回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット
第65回理事会議事録

1. 日   時:平成24年7月23日  13:30~15:45
2. 場   所:神戸市中央区京町76番地2 明海三宮第2ビル
       兵庫県経営者協会2階会議室
3.  出席者:理事総数14名中12名
        野田浩志、伊藤憲治、後藤邦彦、山下純明、詠田英夫、久留島正、大島啓生、
        濱田豊機、佐藤昌次郎、吉井聖三、長田國弘、三浦尚武、の各氏
        監事 浅田正博氏

4.審議事項
(議決事項)
第1号議案:人材マッチング・販路開拓事業規程の改訂に関する事項
第2号議案:議事録署名人に関する事項

(報告事項・意見交換他)
◇関係団体との協力状況について
◇各部報告
◇その他

5.議事の経過の概要及び議決の結果
 (1)理事会を代表して野田浩志氏が本日の開催を宣した。
(2)定款35条により、野田浩志氏が議長として審議に入った。

(議決事項)
第1号議案:人材マッチング・販路開拓事業規程の改訂に関する事項
議長の指名により、後藤事務局長から予め配布の資料に基づいて説明がなされた。質疑応答の後、議長が承認を求めたところ、全員異議なく承認可決された。
なお、本規程の改訂は、6月22日に遡って適用することが了承された。

第2号議案:議事録署名人に関する事項
議長から、議事録署名人として本日出席者の伊藤憲治氏と佐藤昌次郎氏を指名したところ全員異議なく承認された。

(報告事項・意見交換)
(1)関係団体との協力状況について
◇野田理事長から以下の報告がされた。
 ア.KICAに関する情報
   KIACが近畿経済産業局から受託したオープンイノベーションについてのニーズ等調査受託した。
   これに関して当法人にはコーディネーターを3名推薦するよう要請があり、公募し人選中である。
 イ.神戸市
   神戸市アジア進出支援センターの開所式とアドバイザーに対する委嘱式が7月31日に開催され、
   当法人から推薦されたアドバイザー数名と野田理事長、佐藤理事、西村会員が参加
する。
 
(2)事務局報告
◇後藤事務局長・山下理事から以下の報告または提案があり了承された。
 ア.平成24年7月現在の個人会員:101名、アドバイザー:81名、賛助会員:37社・団体
 イ.平成24年7月末暫定比較残高試算表についての説明
 ウ.認定NPOの資格を取得すべく準備中であり、前回理事会にて、仮認定ではなく直接本認定の承認
   を申請するつもりであると報告した。しかし、その後更に詳細について検討した結果、一部の
   賛助会員の会費に純粋の寄付ではなく対価性が認められることが問題となり、方針を変更して
   今回は仮認定を申請したいと説明があった。意見交換の結果、その方針が了承された。
 エ.会員名簿とは別にアドバイザー名簿が作成されているが、これらを統合して一つの名簿にしたい
   という提案があり、了承された。
 オ.賛助会員別担当者案について説明があり、本案を各担当者に図り了解を得られた後、各担当者、
   及び各賛助会員企業宛に担当者を理事長名で知らせる。
 カ.主として文書保存及びプレゼンテーション用としてノート型パソコンを購入した。機種はNEC製の
   Lavieで、所要のソフトウエアを含め、価格は99千円強であった。
 キ.役員の選出方法や報酬問題などに関して検討委員会を設置する。その委員(10名)について事務
   局案が提示され、意見交換の結果、本人の了解を得た後、理事長から委員就任を委嘱することが
   了承された。理事会への報告は10月下旬を予定する。
 ク.現在の事務所を使用できなくなる事態に備え、移転先を検討することが了承された。

(3)広報・研修部報告
◇後藤広報・研修部長から以下の報告があった。
 ア.10月開催予定の実践研修の具体的内容について説明があった。8月中旬に10名程度を募集し、
   K社による問題提起、グループによる問題解決のための討論とその結果発表を半日で行う企画で
   ある。参加費用は無料。
 イ.中小企業を支援する際に、心得ておくべき基礎知識を学ぶ基礎研修会の企画説明があった。
   基礎知識には、中小企業を取り巻く環境、中小企業支援の公的仕組み、当法人の沿革・仕組み、
   支援に当たっての心得などを含む。参加費用は無料とし、開催時期は今後検討する。
 ウ.経営革新会を以下のように開催する。
 (ア)経営革新会7月定例会を26日に開催する。今後は当法人個人会員2名の講演を通常企画とし、
    今回は、会員小川勝夫氏と理事佐藤昌次郎氏を講師としている。
 (イ)講師には謝礼を3千円とし、交通費と交流会参加費を無料とする。

(4)サポート事業部報告
◇野田事業部長から以下の報告があり了承された。
 ア.ホームページ上に掲載されているアドバイザー情報について、ナビゲーターには氏名と連絡先を
   知らせる。なお、個人情報及び企業情報について当法人としての管理方針と仕組みを構築すること
   の必要性が指摘され、検討することとなった。

◇吉井サポート情報部長から以下の報告がされた。
 ア.取り扱い中の案件の状況:4月以降36件が寄せられ、内11件が成立した。
 イ.ニーズ調査:これまでにひょうご企業・OB連携推進本部に送付した案件は18件。

◇佐藤サポート推進部長からナビゲーターの運用状況について報告された。

(5)その他の提言と意見
 ア.西宮市との連携
   伊藤副理事長から、西宮市内企業の活性化を図る観点からニーズ調査対象とする可能性があるので
   市側との連携を進めたいとの提案があり、具体的計画が報告されることとなった。

議長は以上をもって特定非営利活動法人産業人OBネット第65回理事会の全ての議事を終了した旨を述べ、閉会を宣した。以上の議事の要領及び結果を明確にするため、議長及び議事録署名人は次に記名・捺印する。

平成24年7月23日
特定非営利活動法人産業人OBネット第65回理事会

             議    長:野田浩志 印

             議事録署名人:伊藤憲治  印

             議事録署名人:佐藤昌次郎  印