第61回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット
第61回理事会議事録 

1.開催日時:平成24年3月27日(水) 13:30~16:45
2.開催場所:神戸市中央区京町76番地2 明海三宮第2ビル 2階
       兵庫県経営者協会 会議室
3.出席者:理事総数14名中12名
野田浩志、後藤邦彦、山下純明、詠田英夫、久留島正、濵田豊機、
佐藤昌次郎、吉井聖三、竹内信亮、長田國弘、三浦尚武、金廣國雄の各氏
監事 欠席
4.審議事項
(議決事項)
第1号議案:規程の改訂に関する事項
(1)組織編成規程(改訂案)
(2)組織・人事編成規程(改訂案)

第2号議案:議事録署名人に関する事項
(報告事項・意見交換他)
◇関係団体との協力状況について
◇各部報告
◇その他

5.議事の経過の概況及び議決の結果
(1)理事会を代表して、野田浩志氏が本日の開会を宣した。
(2)定款35条により、理事長 野田浩志氏が議長として審議に入った。

(議決事項)
第1号議案:規程の改訂に関する事項
(1)組織編成規程(改訂案)
(2)組織・人事編成規程(改訂案)
議長の指名により、後藤事務局長から予め配布の資料に基づいて説明がなされた。質疑応答の後、議長が承認を求めたところ、全員異議なく承認可決された。

なお、本議案に関連して、各部局の部員を公募する際の要件と人数の案が後藤事務局長から資料に基づき提案され了承された。近日中に公募を行い、次回理事会の審議を経て理事長が部員を指名する。

第2号議案:議事録署名人に関する事項
議長から、議事録署名人として本日出席者の吉井聖三氏と竹内信亮氏を指名したところ全員異議なく承認された。

(報告事項・意見交換他)
(1)関係団体との協力状況について
◇野田理事長から、(一社)KIAC関連他について以下が報告された。
ア.近畿経済産業局が実施する中小企業支援ネットワーク強化事業における上級アドバイザーの一人と
 してKIAC代表理事の大槻眞一氏が引き続き選任されたことが報告された。当法人が人材マッチングを
 行う場合に必要により上級アドバイザーが行う専門家派遣につないでいきたい。
イ.神戸産業振興財団で行われていた「川上川下ビジネスネットワーク事業」が神戸商工会議所に移管
 された。
ウ.養父市商工会を訪問し、意見交換をした。引き続き提言の具体化に向けて検討する。

◇後藤事務局長から、神戸市産業振興局からの依頼について報告があった。
ア.神戸市では平成24年7月に神戸市アジア進出支援センターの開設を予定している。ついては、海外
 進出に関して中小企業に助言するアドバイザーを予め登録する考えであるので、産業人OBネットからも
 候補者を紹介してほしい。
イ.これについては既に、人材マッチング・販路開拓事業部から会員に向けて公募の案内が出ていて、
 4月に入ってから当法人として取りまとめて神戸市に提出する予定である。

(2)事務局報告
◇会員状況について事務局山下理事から3月27日現在の会員数について以下の報告があった。
 個人正会員:97名。アドバイザー:73名、賛助会員:36社・団体
◇山下理事から、平成23年度収支計算書(速報予測値ベース)と同比較残高試算表(3月末速報予測
 ベース)について報告があり了承された。

(3)ひょうご企業・OB連携推進事業(ニーズ調査)実施結果について
◇後藤事務局長から、平成23年度報告65件について連携推進事務局(神戸商工会議所)に報告後の
 マッチング活動状況フォローリストを入手して、調査者個別に当人分を知らせたとの報告があった。

(4)経営革新会3月(試行)定例会
◇後藤事務局長から3月28日開催予定の経営革新会3月(試行)定例会について説明があり了承された。
ア.ひょうご産業活性化センター理事・総括コーディネーター吉岡昭一郎氏の講演とパネルディスカッ
 ションで構成される。パネラーは当法人個人会員4名である。
イ.参加者は企業10数社、個人会員が約40人の見込みである。

(5)広報部報告
◇ホームページに過去年度の相談依頼案件のリストを近日中に掲載する。

(6)サポート事業部におけるナビゲーターの運用等について
◇佐藤理事から、4月1日発足のサポート事業部におけるナビゲータの運用、業務、人材ニーズ・マッチ
 ングの基本的流れについて資料に基づき提案があった。意見交換の結果、アドバイザーの選定に際して
 ナビゲーターの関わり方について更に検討を加えることとなった。

(7)平成23年度事業報告書(案)
◇後藤事務局長から、平成23年度事業報告書(案)について資料に基づき説明がなされた。
 意見交換の結果、一部文言の修正を加える前提で全体としては了承された。

(8)平成24年度事業計画骨子(案)について
◇後藤事務局長から、平成24年度事業計画骨子(案)について説明がなされた。意見交換の
 結果、一部文言の修正を加える前提で全体としては了承された。

議長は以上をもって特定非営利活動法人産業人OBネットの第61回理事会のすべての議事を終了した旨を述べ、閉会を宣した。
以上の議事の要領及び結果を明確にするため、議長並びに議事録署名人は次に記名・捺印する。

平成24年3月27日

特定非営利活動法人 産業人OBネット第61回理事会

                       議    長:野 田 浩 志  印

                       議事録署名人:吉 井 聖 三  印

                       議事録署名人:竹 内 信 亮  印