第34回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット

第34回理事会議事録

1.開催日時:平成22年2月23日(火) 13:30~16:45
2.開催場所:川重 保健会館 3階 討議室3
         神戸市中央区花隈町7-16
3.理事総数  11名

  出席者 理事:飯島剛平、伊藤憲治、大島啓生、後藤邦彦、竹内信亮、詠田英夫、野田浩志、濱田滋、
          山下純明、吉井聖三以上の10氏。
       監事:(欠席)

オブザーバー:理事長指名により、会員の冨永邦彦、長田國弘、濵田豊機の3氏がオブザーバーとして同席。

4.審議事項

(議決事項)

第1号議案:議事録署名人に関する事項

5.議事の経過の概要及び議決の結果

 (1)理事会を代表して野田浩志氏が、本日の開会を宣した。
 (2)定款35条により理事長 野田浩志氏が議長として審議に入った。

第1号議案:議事録署名人に関する事項
  議長から、議事録署名人として本日出席者の竹内信亮氏と詠田英夫氏を指名したところ全員異議無く
  承認可決された。

(報告事項)

(1)会員動向

   本日現在では、個人会員は、竹田氏までで、55名(内1名は休会)。
   団体賛助会員は、㈱タニザキまでで4社となった。
   アドバイザーとして登録されているのは休会者を除いて29名となった。

(2)関連団体との連携

野田理事長から、以下の報告があった。
  ①KIAC経由案件の「川上・川下ビジネスネットワーク事業」のジョイントアドバイザーを
  会員に公募したところ6名から応募があった。ただし、KIAC全体に期待されている人数
  から見て、若干絞られる可能性がある。
  ②KIACが連携しようとしているエール学園の講師募集に対しても2名の応募があった。
  ③ひょうご産業活性化センターの吉岡総括コーディネーターからの依頼で、M社の巻き線工場の生産  性向上支援を試行中である。
④同じく吉岡氏から目利き先導役への参加の呼びかけがあり、数名が応募する見込みである。

(3)企業ニーズ調査

 後藤事務局長から以下の報告があった。
  予定どおり45件の報告と、加えて4件を別枠で報告書を提出した。早ければ2月26日にも
 振みがある予定。

(4)イベント
 詠田理事から、今後開催のイベントの内容について提案があった。今年度はこれまで開催された2回をもって終了し
 開催内容については更に検討を加えた上、来年度の事業計画にも反映させることとなった。

(5)平成22年度事業計画骨子(案)
 後藤事務局長から、前回に続き、平成21年度の評価と平成22年度の事業計画骨子(案)について説明があり、議論の結果を踏まえた事業計画案を次回審議することとなった。

(6)第4回通常総会
 後藤事務局長から、第4回通常総会を5月中旬ないし下旬に開催を予定したいこと、及び業務量の増加に対応して
 体制強化を図るため理事若干名の増員を検討したいと提案があり了承された。

平成22年2月23日

特定非営利活動法人 産業人OBネット第34回理事会

議      長: 野田 浩志 印

議事録署名人: 竹内信亮 印

議事録署名人: 詠田英夫 印