第28回理事会議事録

特定非営利活動法人 産業人OBネット

                        第28回理事会議事録

1.開催日時:平成21年8月26日(水) 13:30~16:30
2.開催場所:川重 保健会館 3階 討議室3
         神戸市中央区花隈町7-16

3.理事総数  11名

  出席者 理事: 飯島剛平、伊藤憲治、大島啓生、後藤邦彦、佐藤昌次郎、竹内信亮、詠田英夫
            野田浩志、濱田滋、山下純明、吉井聖三、以上の11氏。
        監事:(欠席)
   他にオブザーバーとして吉田駿司氏が同席。

4.審議事項

(議決事項)

第1号議案:教育訓練に関する協力についての覚書締結について

第2号議案:議事録署名人に関する事項

5.議事の経過の概要及び議決の結果

 (1)理事会を代表して野田浩志氏が、本日の開会を宣した。

 (2)定款35条により理事長 野田浩志氏が議長として審議に入った。

第1号議案:教育訓練に関する協力についての覚書締結について

 議長の指名により、後藤事務局長から㈱立神工業との間で締結予定の「教育訓練に関する協力についての
覚書」案を諮る経緯について説明があり、㈱立神工業との窓口として交渉に当たってきた吉田駿司氏から補足
の説明があった。質疑応答の後、議長が承認を求めたところ、全員異議なく承認可決された。

第2号議案:議事録署名人に関する事項

 議長から、議事録署名人として本日出席者の佐藤昌次郎と竹内信亮を指名したところ全員異議無く承認
可決された。

(報告事項)

(1)会員動向

本日現在では、個人会員は、藤井澄夫氏、三宅敏弘氏までで、51名(内1名は休会)
団体賛助会員は、立神工業株式会社までで3社。
アドバイザーとして登録されているのは24名。

(2)関係団体との協力状況

①KINSA(関西産業支援団体協議会)

野田理事長から、以下の説明があり了承された。

ア、正式名称が「関西産業活性化協議会」となり、略称は、KIAC(Kansai Industry Activation Council)
  になる。
イ、担当者を二人出すこととなり、野田(理事長)と地理的条件から適切と考えられる藤井氏が就くこととしたい。
ウ、KIACの活動内容は、基本的にはニーズ調査とマッチングということで、当NPOの活動内容と似ている。
  進め方については8月27日の会合で協議される予定。

②NPO同志社大学産官学連携支援ネットワーク

野田理事長から以下の説明があり、了承された。

ア、ひょうご産業活性化センターの成長期待企業の会で同NPOの責任者と知り合い、連携補完の申し入れが
  あった。
イ、9月1日に同NPO内の会議において当NPOについて説明する予定である。

(3)イベント開催について

詠田理事から、講演会について開催内容、理事の役割分担について案の説明があり、意見交換の結果了承
された。

①開催日時:平成21年9月15日(火)、15時から
②場所:川重神戸サポート海友館新館
③講師:永友節雄氏 【兵庫労使相談センター代表委員、(前)兵庫県経営者協会専務理事、
       (元)兵庫県労働委員会委員】
④演題:中小企業の「物差し」と大企業の「物差し」
⑤参加料:会員、非会員を問わず無料
⑥講師への謝礼:1万円(含む交通費)
⑦当NPO活動の現状報告:事務局長から報告
⑧懇親会:講演会に引き続き懇親会を開催。参加会費は、1500円(講師は招待)。

(4)企業ニーズ調査事業について

同事業担当の後藤理事から、以下の説明があり了承された。

①8月5日に調査参加者による情報交換会の第1回を開催した。参加者13名。
②現時点で、9件の報告書をKCCIに仮提出していて、ニーズ有りとされた企業には順次ナビ
 ゲーターが訪問することになっている。また、既に、新現役の面談日程が決まったところもある。
③次回情報交換会は9月2日17:30から神戸市勤労会館で実施予定である。

(5)出前講座事業について

登録者はまだ少ないが今後積極的に登録を勧誘する。

平成21年8月26日

                              特定非営利活動法人 産業人OBネット第28回理事会

                                          議      長: 野田 浩志 印

                                          議事録署名人: 佐藤 昌次郎 印

                                          議事録署名人: 竹内 信亮 印